資金調達

資金調達

menu
top
top
top

リスケジュールってなに?

企業は資金繰りが厳しくなった場合、
銀行から融資を受けることがあります。

ちなみに知人が勤める会社は
銀行ではなくアイフルのような企業で資金調達したそうです。
そしてアイフルの在籍確認の電話がきたそうです。
ちょうどこんな感じだったそうですので紹介します。

しかし、
その返済が困難になってしまう状況がないとは言えません。
その場合の最善策とされているものがリスケジュールです。

リスケジュールとは融資を受ける際に交わした返済条件、
毎月どれだけ返済していくかという条件を
変更することを言います。

リスケジュールを行う際、現在の資金繰り状態では
最初交わした返済条件では困難である・
または返済期日までに一括返済が不可能であることを
先方に理解してもらうことが大事になります。

また、リスケジュールに応じてもらうためには
他にも書面提出が必要です。
これまでの資金繰り実績と予定表や経営改善計画書、
今後の返済計画書等を交渉の際に提出することになります。

この書面は先方に今後改善の兆しが見られず
リスケジュールに応じる意味がないと
判断されないためのものでもあります。

リスケジュールを行うメリットは月々の返済額が減り、
それに相当する金額を資金繰りが可能というところにあります。

逆にデメリットとしては
新たな融資を受けることが不可能となるため
借り入れに頼らずに資金繰りを行う必要があるというところです。

返済期日のことばかりに頭を悩ませるのではなく、
ひとつの方法として検討するのもありかもしれません。

Copyright (c) 資金調達前に最低限知っておくべきこと All rights reserved.